カテゴリーページ: お知らせ

写真集を掲載しました

2017年大会の写真集を掲載しました。
遅くなって申し訳ありません。

カテゴリー: お知らせ 投稿日: 2017年12月15日

大会結果の報告


参加頂きました皆さん、大変お疲れ様でした。皆さんのブログ等を拝見させて頂き、今回の大会で評価頂いただいた点、反省すべき点等、大いに参考となりました。ありがとうございます。
今回は、途中で雨が降った事により、コースがぬかるみ走りにくかった事や、コース設定が思いの外きつかった?こと等により、標準コースを完走された方は85人とエントラントの約半分でした。さらに追加コースまで行かれた方は8人と非常に厳しい結果となりました。
コース上の標識は大会終了後に撤去しておりますが、当日配布されたマップをお持ち頂き、走りきれなかった部分につきましてもリベンジにお出かけ下さい。季節がちがうとコースの風景も全く変わります。これから木々が紅葉し更に落葉すると、落ち葉さくさくのまさにMTBker至福のコースが皆さんをお待ちしています。
 更に、今後はスタッフにもご協力頂いた県外在住のYさんからの感想にもあるとおり、「青い空、遠くの山々、黄色い花畑、この辺りは絶景の宝庫みたいなものですね。」(これはたぶん5月頃のイメージかと思いますが、)こんな時期に、再度皆さんをご案内できないかと考えているところです。

カテゴリー: お知らせ 投稿日: 2017年11月03日

大会が終了しました

心配された天気は大雨にならず終了しました。
主催者の3無い主義は「雨が降らない、事故がない、クレームがない」だと思っていますが今回は残念ながら貫徹はできませんでした。でも多くの皆さんから「きつい!厳しいコース!」と言われながらも、結構楽しんで頂けた?ものと思っています。
 事前の天気予報では当日は雨とのことでしたので、例年よりも欠席された方が多かったですが、ふたを開けてみるとなんとスタート時は曇り、そして11時頃に一時的には降られたものの、その後は思ったほどの雨にならず。参加者皆さんの祈り(執念?)が天に通じたのだと思います。


 当日は雨による路面状況等のコンディションが悪かったことに加え、コース設定もきつかったせいか、CP2(第2チェックポイント)では40人ほどの方が制限時刻超過となってしまいました。また追加コースまで行かれた方は10人ほどと厳しい結果となりました。
 でも、多くの方がまだ走ってない区間があるという事ですので、マップを片手に再トライしてください。同じコースでも天候や季節によって全く様子が変わりますから是非それも楽しんで下さい。ご希望があれば地元スタッフがコースづくりの裏話も含めてご案内致しますので連絡下さい。
 参加された皆様、関係者の皆様大変お疲れ様でした。またのお越しをお待ちしています。

カテゴリー: お知らせ 投稿日: 2017年10月17日

大会前の確認です

(1)参加通知書は届いていますか。
通知書は10月上旬には発送しています。まだ届いていない場合は事務局へご連絡下さい。

(2)防寒具と雨具の用意を。
明日、金曜日から気温が急激に下がり、気温は13度~18度くらいになるとのことです。また大会当日は曇り時々雨との予報です。ということで、長袖長ズボン等の防寒対策とカッパ等の雨対策をお願いします。
 走り終わった後には洗車のためのブラシやバケツも準備しています(拭く布は各自で用意して下さい)。その後には温かいおっきりこみと温泉が待っていますのでお楽しみに。

(3)関係ないかもしれませんが・・・
 一つ目は持参をお願いしている保険証の確認です。使わないことが一番ですが、毎年、一人くらいは病院にお世話になる方がいますので、忘れずにお持ち下さい。
 もう一つはチェーン切りです。これも毎年1~2人は、枝等を巻き込んでリアディレーラーを破損する方がいます。このときはチェーンを直結にしてゴールへ帰還する事になります。そのときのために工具のなかにチェーン用のアンプルピンとチェーン切りをお持ち頂くと安心かと思います。

(4)悪天候における大会中止の判断
台風や豪雨等の荒天が見込まれる場合は大会を中止しますが、通常の雨天の場合は開催します。「荒天による中止の場合のみ」前日14日(土)の17時にホームページに掲載します。(掲載無きときは予定通り開催です。)

それでは、当日お会いできます事を楽しみにしております。

カテゴリー: お知らせ 投稿日: 2017年10月12日

コースの標識設置作業

大会が後10日ほどに迫りました。現地では現在コースの標識設置作業を行っています。


標識のなかには注意書きを加えたものもあります。走行エリアでは、イノシシや鹿などが山から下りてきて農作物を荒らすケースが増加しており、農家では自衛策として野生動物が触れると電気のショックで退散する高電圧の電線で敷地を囲ったり、道路を封鎖したりしています。
今回の大会でもそのような場所を通過します。そのため写真のような電牧線をまたぐ箇所があります。
スタッフが近くにいるところではスタッフが開閉作業を致しますが、できない箇所につきましては皆さんに電牧線に触れないようにまたいでいただきます。電牧線は電流は少ないものの電圧は高くなっていますのでご注意下さい。


会場近くには地元の小麦粉や食材を使ったうどん屋さんもあります。群馬県は全国でもイメージランキングでは下位ですが、実際にはおいしいものがたくさんあります。その一つをご紹介します。ちなみにうどんに天ぷらがついてなんと500円です。素朴な味が都会の皆さんに受けています。

スタッフ一同準備万端でお待ちしています。

カテゴリー: お知らせ 投稿日: 2017年10月04日