コース整備中

6月10日より募集を開始しました。

「東吾妻むかし道MTBライド2017」は10月15日開催予定ですが、この大会も今年で第6回目となり、それなりに皆さんに認知していただけたようです。

申し込み状況も順調で、募集開始以来わずか4日間ですが既に60名を超える方から申し込みをいただいています。ありがたいことです。(決して早く申し込みされるように急かしているわけではありません(笑)。)
今年もスタッフ一同、皆さんのご期待に応えるべく、新規コースの開拓、更に既存コースの整備等に毎週末奮闘しています。

今年の大会コースはほぼ確定し、後は夏が終わって草刈りをして本番に臨むところです。メンバーの中からは、夏草が生えないように毎週走るぞ、といったうれしい発言も聞こえてきているので大いに期待?しています。


この写真はただ木を切っているのではありません。昔、道だったところを整備しているのです。このようなルートを見つけるにはそれなりの勘と経験が必要ですが、それも楽しみの一つです。新しいルートが皆さんをお待ちしています。


スタッフ必携の用具はのこぎりです。持つと切りたくなる。切ってみると更にグレードの高いのこぎりがほしくなる。また、切ってみたくなる。刀を持った人間の心理と同じかもしれませんね。
いつも倒木片付けの写真が多くて申し訳ありませんが、むかし道ではこれが現実です。倒木の片付けは自転車のためだけではなく、地元の方が使う道でも片付けています。適度に人間が利用することが廃道にならないためには必要と考えるからです。


いつの間にかこんなに大きな木まで切るようになってしまいました。実は今、国内のあるメーカーが二つ折りのこぎりとしては世界最大と銘打っているのこぎりを注文しています。なんと刃渡り65cm!、価格2万円超。のこぎりここに極まれり、といったところでしょうか。チェーンソーは山道を背負って歩けないのでやはりのこぎりが実用的です。そのうちご覧に入れたいと思います。

カテゴリー: お知らせ 投稿日: 2017年06月13日